福島県立医科大学 医学部 器官制御外科学講座

スタッフ紹介

大竹 徹 教授

大竹 徹
役職
教授
略歴
1984年3月  福島県立安積高校卒業
1990年3月  福島県立医科大学卒業
1994年3月  福島県立医科大学大学院医学研究科博士課程修了
2008年5月  福島県立医科大学特任教授(NEDOプロジェクト事業)
2012年4月  福島県立医科大学特任教授(福島医薬品関連産業支援拠点化事業)
2012年11月  福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センター
 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター
 臨床研究・治験分野長(兼任)
2013年5月  福島県立医科大学医学部器官制御外科学講座教授
 福島県立医科大学附属病院乳腺外科部長(兼任)
専門分野(臨床)
乳腺外科、乳房温存療法、乳癌薬物療法、乳癌検診
専門分野(研究)
  • 画像表示による乳管腺葉系の3次元的再構築からみた乳癌乳管内に関する研究
  • 画像表示による乳管腺葉系の3次元再構築からみた至適な乳房温存手術適応の決定
  • 乳管腺葉系の3次元表示による乳癌乳管内進展の評価と最適な乳房温存手術への応用
  • 乳癌多発性の病理学および分子生物学的解析と乳房温存手術適応拡大への応用
  • 画像解析ネットワークを利用した地域全体の乳癌治療方針の画一化に関する研究
  • 乳癌におけるリンパ管新生と乳房リンパ管の3次元病理解析
受賞
  • 壬辰会第1回学術奨励賞(1996年)
  • 福島県医師会医学奨励賞(1996年)
  • 日本乳癌学会久野賞(2000年)
  • 日本外科学会総会最優秀演題賞(2002年)
  • 日本乳癌学会研究奨励賞(2002年)
  • 日本癌治療学会総会優秀演題賞(2008年)
  • 日本外科学会定期学術集会優秀演題賞(2015年)
学会関係
【評議員】
日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会
【世話人】
日本乳癌学会東北地方会、乳癌懇話会、Sendai Breast Cancer Forum、
福島県乳癌研究会(代表世話人)、福島県がんと骨病変研究会、北福島乳腺カンファランス
【委員会】
日本乳癌学会広報委員会、日本乳癌検診学会広報委員会、
福島県成人病検診管理指導協議会乳がん部会委員、
福島県医師会生活習慣病対策委員会乳がん部会委員、
福島市乳がん検診精度管理委員会委員長、
公益財団法人福島県保健衛生協会乳がん集団検診精度管理委員会委員長、
特定非営利活動法人日本乳がん検診精度管理中央機構教育・研修委員会読影委員、
【資格】
死体解剖資格認定医、日本外科学会認定専門医、日本外科学会認定指導医、
日本乳癌学会認定乳腺専門医、日本癌治療学会認定臨床試験登録医、
日本臨床腫瘍学会認定暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医(評価A)
【所属学会】
American Society of Clinical Oncology(full member)、日本外科学会、
日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌学会、日本臨床外科学会、
日本病理学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、
日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会